news‎ > ‎

2014/3/16+17,23+24 : 小諸日和写真講習会

2014/03/30 6:52 に 田中由起子 が投稿   [ 2014/07/07 1:50 に更新しました ]

今月は2回長野県小諸市を地元の人が紹介する「小諸日和」サイトに呼んでいただいて
無料写真講習会を3人のフォトグラファーで行ってきました。
皆さんとても貪欲で、いい写真を撮ろうととても一生懸命取り組んでくださいました。
写真を撮るのが楽しくなったと言って下さるお客様がたくさんいらして
私たちにとっても実りある、本当に嬉しい4日間でした。


[小諸日和ページ]

=====

小諸日和写真講習会を開催します!

2回2部構成での開催を予定しています。
夜の部: 屋内での講習
昼の部: 料理の撮影と屋外撮影講習

・各自の実機(スマートフォン、デジカメ)を持ち寄り、マンツーマンで質問できます。
・夜の部、昼の部ともに料理写真、ポートレート撮れます。
・午前の部は、外を散策するので風景写真や植物のクローズアップも。
質問したいことありましたらぜひお寄せください!

参加申し込みは直前まで受け付けております!
講習会への参加申し込み http://komoro.ch/reglec

【講習メニュー】
・前回のおさらい
「誰が」「誰に」「何を」「どう見せたいか」考えましょう!

・料理撮影実技
最初に料理撮影アドバイス 光源と料理の位置・アングルを考えましょう!
3品の料理にそれぞれ3講師が着き、
ダウン型照明・黒ケント紙・レフ板などを揃え参加者が好きに撮ったもの[before]、
講師がワンポイントでアドバイスしたもの[after]を撮影。
※講師田中賞あり!?

・ポートレイト実技
最初に主旨説明とポートレイトの撮り方アドバイス
好きなセットに分かれ、参加者同士(講師を含む)をくじ引きで順番に撮っていく。撮影制限時間は30Sec(準備含まず)1シャッターのみ!
※全員でプロジェクターを見ながら講評します。

・人の写真について講座
3/8.9と日比谷公園で行われた「東北へむかった四人のフォトグラファー展」より人物作品を紹介。人物写真をどう見せるか。なぜ人物が重要なのかをお聞きします!

【日程】
◎第1回 ※どちらか1日だけの参加も可!
夜の部: 2014年3月16日(日)
時間: 18:30-20:30
会場: 相生会館 長野県小諸市相生町2-1-5 (地図)
参加費: 無料

昼の部: 2014年3月17日(月)
時間: 10:30〜
会場: 菱野温泉 薬師館 http://www.yakushikan.com/
定員: 20名
参加費: \1,000
※昼食、ドリンクバー付き。お風呂入れます。

◎第2回 ※どちらか1日だけの参加も可!
夜の部: 2014年3月23日(日)
時間: おおよそ18:30-20:30(調整中)
会場: 調整中
参加費: 無料

昼の部: 2014年3月24日(月)
時間: おおよそ10:30〜(調整中)
会場: 中棚荘 http://www.nakadanasou.com/
参加費: 未定

参加申し込みは下記ページからお願いします。
http://komoro.ch/reglec

【持ち物】
・普段お使いのカメラ。
※スマートフォンでもデジカメでもなんでも大丈夫です。
・筆記用具

【講師紹介】
◎中野幸英(なかのゆきひで)
1978年川崎出身・母は現在の東御市出身
早稲田大学第二文学部卒業/東京工芸大学写真技術別科修了
2004年写真プロダクションで修行の後、フリーフォトグラファーとして
広告・雑誌・WEBなど、Mr.Childrenのライブ映像イメージや壁面緑化カタログまで幅広く活動。
日本広告写真家協会正会員
web:http://www.skylab.jp

◎田中由起子(たなかゆきこ)
1980年山梨生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、 美術館勤務、 スタジオ勤務後、
2008年よりフリーフォトグラファーとして独立。
人物撮影を中心に広告、雑誌で活動。
2012年個展「rest in peace」森岡書店(茅場町)/hase(名古屋) 、 写真集 “R.I.P.”
クライアントワークと併行しながら、
顔や身体、記憶や物語に誘発された作品制作を行う。
web:http://www.yukikotanaka.net

◎坂下琢磨(さかしたたくま)
1978年生まれ 上田高校出身。
慶應義塾大学環境情報卒業
ブライダルから写真を始め、グラビアフォトグラファに師事。後にフリーランスとして独立。
グラビア師事の時は女性ポートレート中心。
フリー以降は、冠婚葬祭、会社広報、飲食店ポスター、劇団、美術品の物撮り等。
長野では小諸町人鑑の撮影で携わる。

=====


Comments